« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月24日 (木)

平和心理学のエンサイクロペディアとテキスト

 アメリカの心理学たちは1930年代に深刻化した大恐慌による若手心理学者の就職難や貧困,人種差別などの解決を目指して1935年に社会問題の心理学会(SPSSI,アメリカ心理学会第9部会)を設立しました.自然科学的心理学を志向するアメリカの心理学者が,昔から一定の社会的関心を抱いていたことを示しています.

 その後,第2次世界大戦がはじまると,アメリカ心理学界は総力戦の遂行のために全面的に協力するようになりました.今日まで続く,アメリカ心理学と軍事・国防当局との緊密な関係がここで培われました.

 戦争が人的にも物的にも心理的にも甚大な被害をもたらすことは,言うまでもありません.凄惨な戦争の経験を経て,戦争や武力紛争の解決やその予防のために働く心理学者が登場したことは,ある意味で当然でした.これが平和心理学(peace psychology)です.
 戦争には貧困や宗教的対立や飢餓,人種差別,女性差別,DVや子どもの虐待のような日常的暴力など多くの問題が係っています.平和心理学者はこうした問題に取り組んでいます.

 今日の平和心理学の全体像を概観するには下記のエンサイクロペディアが役に立ちます.

 The Encyclopedia of Peace Psychology (3 Vols.)
   Christie,D.J. (Ed.), Wiley-Blackwell (2011)
.

        The Encyclopedia of Peace Psychology

 また,日本の平和心理学者による下記の教科書も,お奨めです.

 「平和を創る心理学:私とあなたと世界ぜんたいの幸福を求めて(第2版
 心理科学研究会編 ナカニシヤ出版 2014 
      平和を創る心理学[第2版]

 目次など詳細については,下記のサイトをご参照ださい.

  http://www.nakanishiya.co.jp/modules/myalbum/photo.php?lid=1040

 日本語による唯一の平和心理学のテキストです.


2014年7月 5日 (土)

心理学と対テロ戦争:『グアンタナモ,僕達が見た真実』(M.ウィンターボトム監督,2006,イギリス映画)

 9.11の同時多発テロの後にアメリカが主導して始まった対テロ戦争は,1950年代にさかのぼるアメリカ心理学と拷問の関係に改めて光をあてました.
 心理学者がグアンタナモ海軍基地や他の極秘の収容施設で行われてきたテロ容疑者への過酷な尋問に深く係わっていることがニューヨークタイムズ紙などのマスメディアによって報道され,大きな論議を呼びました.その一端を拙論文『心理学と社会的実践:批判心理学と理論心理学の立場から』(心理科学34巻2号,2013)で論じました.
 
M.ウィンターボトム監督の 『グアンタナモ,僕達が見た真実(The Road to Guantanamo)』(2006,イギリス映画)はパキスタン系のイギリス人青年たちが,ひょんな偶然からテロ容疑者に間違えられて捕えられ,キューバのグアンタナモへ送られて苛烈な尋問を受けた実話をもとにした作品です.ベルリン国際映画祭監督賞を受賞しました.

グアンタナモ、僕達が見た真実 [DVD]

 この映画に心理学者の姿はあらわれません.しかし,尋問官や監視兵が繰り返し行う感覚遮断や隔離,自尊心の否定などの「強化尋問技法」は,アメリカの心理学者が開発しパッケージ化したものです.

 心理学者が設立した軍事顧問会社が「行動科学コンサルテーションチームBSCT」の設立と心理学的拷問の実施のために大きな役割を果たしてきた,と報道されています.アメリカ心理学会会長を務めた著名な研究者がこれに関与した,とも報道されています.

 M.ウィンターボトム監督は9.11後の世界でイスラム圏から西欧に移住しようとしたパキスタン人少年や他の難民たちの過酷な経験を『イン・ディス・ワールド』で描きました(2003年にベルリン国際映画祭金熊賞受賞).

 『グアンタナモ,僕達が見た真実』ドキュメンタリー調の臨場感あふれる秀作です.『日蔭のふたり』(1996)や『ウェルカム・トゥ・サラエボ』(1997)だけでなく,この作品もおすすめです.DVDで視聴できます.

 また,ドキュメンタリー映画『Doctors of the Dark Side』(2011)は強化尋問技法(強制的尋問,あるいは心理学的拷問)が生まれる歴史や背景と凄惨な尋問の実際を描いています.アメリカの臨床心理学者で映像作家でもあるMartha Davisの作品です.2012年の国際連合映画祭の正式参加作品に選ばれました.

 日本語版はまだ発売されていませんが,英語のオリジナル版を廉価で購入できます.

  商品の詳細

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »