« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月11日 (月)

アメリカ心理学会とCIAと強化尋問技法(心理学的拷問) 1

 昨年12月にアメリカ上院インテリジェンス委員会が,9.11後の対テロ戦争においてテロ容疑者や「違法な敵性戦闘員」に対してCIAが行った「過酷尋問」の実態に関する報告書を公表すると,心理学と拷問の関係に改めて注目が集まりました.
 下記のサイトで,米上院インテリジェンス委員長が議会で行った報告演説を視聴できます.
  https://www.youtube.com/watch?v=BgSiUbwSQbs

 アルカイダが尋問に抵抗するマニュアルを備えていることを知ったCIAは,アメリカ空軍のSEREプログラムで働いていた二人の心理学者に,テロ容疑者を尋問する技法の開発を委託しました.

 彼らは既存の心理学的知見を活用して感覚剥奪や感覚刺激の過剰暴露(sensory overload),ストレス姿勢の強要,「水責め(water boarding)」,肉親に危害を加えるという脅迫,平手打ちや腹部の殴打などの外傷を残さない身体的暴力,棺桶のような小さな箱への監禁,全裸での拘束のような性的侮辱などからなる「強化尋問技法」をパッケージ化しました.
 特に「水責め」は死の恐怖を与える残虐な尋問技法とされ,ブッシュ政権がこれを含む強化尋問技法を認可していたことが明らかになると,拷問に反対する運動が高まりました.

 2009年にオバマ政権が尋問に関する政策を変更して禁止するまで,強化尋問技法を用いてキューバのガンタナモ米海軍基地やCIAがアメリカ国外に設けた秘密収容施設などで,過酷尋問が行われてきました.

 拷問は人道に対する重大な犯罪であり,アメリカ国内でも国際世論によっても厳しく批判されてきました.
 心理学者がこれに加担したことが指弾されています.
 この問題について当ブログで数度,述べました.

 最近,ニューヨーク・タイムズ紙やアメリカの非営利放送局 デモクラシー・ナウ!が,アメリカ心理学会(APA)が強化尋問技法が考案され実施されていく過程で,CIAや国防総省,ホワイトハウス科学顧問ら関係当局と連携してこれを可能にしていた,と報道しました.

American Psychological Association Bolstered C.I.A. Torture Program, Report Says.   By JAMES RISEN, APRIL 30, 2015.
http://www.nytimes.com/2015/05/01/us/report-says-american-psychological-association-collaborated-on-torture-justification.html?_r=0


Emails Show American Psychological Association Secretly Worked with Bush Admin to Enable Torture.
http://www.democracynow.org/2015/5/5/emails_show_american_psychological_association_secretly

Robert Jay Lifton, Author of "The Nazi Doctors": Psychologists Who Aided Torture Should Be Charged.
http://www.democracynow.org/2015/5/7/robert_jay_lifton_author_of_the


 この問題は10年ほど前から,一部の心理学者の間で激しい議論の的になっていました.
 2004年に国際赤十字がガンタナモ米軍基地での心理学的拷問の実態をアメリカ政府に報告し,懸念を伝えた,と報道されました(http://www.nytimes.com/2004/11/30/politics/30gitmo.html).
 「行動科学コンサルテーションチーム(BSCT)」が過酷尋問に関与している事実が,すでに憂慮されていました.

 関心をおもちの方は,「倫理的心理学をめざす有志連合(Coalition for an Ethical Psychology)」のウェブサイトをご覧ください.
 http://ethicalpsychology.org/index.php

  感覚刺激の過剰暴露や孤立,ストレス姿勢の強要など,苛烈な尋問の実際を下記の映画が描いています.
  Martha Davis監督  『Doctors of the Dark Side』(2011,https://www.doctorsofthedarkside.com/).
  2012年の国際連合映画祭の正式参加作品.監督のM.デービスはアメリカの臨床心理学者,映像作家です.
  

商品の詳細


 1950年代の感覚剥奪実験など,心理学と拷問の関係についてアメリカの歴史学者A.マッコイが詳説しています.

 McCoy,A.(著) (2012) Torture and Impunity: The U.S. Doctrine of Coercive Interrogation. University of Wisconsin Press

  
The cover of McCoy's book is an illustration of some hooded and bound prisoners held by the United States.

 
  

 

 

2015年5月 9日 (土)

批判心理学の必読文献:「Handbook of Critical Psychology」 (Parker,I.(ed.), Routledge, 2015.)

 今,諸国で批判心理学に取組んでいる研究者によって,幅広い批判心理学の領域や諸側面を網羅するハンドブックが刊行されました.

 今日では国際的な心理学界において,批判心理学は主流心理学が無視しようとしても無視しえない勢力になりました.
 3年前に開催された第30回国際心理学会議(ICP 2012 in Cape Town)では批判心理学が発表カテゴリーのひとつとして採用され,多くの新しい研究が報告されました.
 心理学史家の立場からみると,第2次大戦以降の世界の心理学史の中で,北米の主流心理学が多数の国の心理学界を席巻した後に,これを変革しようと試みる様々な「非主流心理学」が各地で登場してきたことは特筆に値する変化です.

 批判心理学を詳しく知るために一冊読むならどの本がいいか,と問われたなら,迷わず下記をお薦めします.
 今までに心理学を学び,そこに違和感や疑問を感じたことのある人は,本書でその理由を知ることができます.

 Parker, I. (ed.)  Handbook of Critical Psychology (Routledge International Handbooks). Routledge, 2015.

 批判心理学の諸領域と多様な方法論や理論的リソース,各国・各地域の動向を1章ごとにコンパクトにまとめています.47章を通読すると,全体として現在の国際批判心理学運動を概観できます.

 私も批判健康心理学に関する1章(Health Psychology: Towards Critical Psychologies for Well-Being and Social Justice)を寄稿しました.
 
メタ学問としての理論心理学の視点で認知行動主義的な主流健康心理学の認識論や方法論を検討し,批判史としての「新しい心理学史」のヒストリオグラフィーに拠ってその「学科史」を「脱構築」しています.
 9.11後の対テロ戦争における心理学的拷問や,福島原発事故が引き起こした低線量被ばくの健康問題にも言及しています.
 イギリスやニュージーランドの批判健康心理学者が既に優れたレビュー論文を発表していますので(たとえば Murray & Chamberlain, 2014),私が書くチャプターにはそれらとは異なった新たな寄与が求められています.
 上記の分析に加えて,主流心理学が陥りやすい自文化中心主義(西洋中心主義)を東アジアの研究者の立場から考察するなど,欧米の批判健康心理学者とは異なる視座を提示するように心掛けました.

 以下,目次をお示しします.

 Parker, I. (ed.)  Handbook of Critical Psychology (Routledge International Handbooks). Routledge, 2015.

1. Introduction  Ian Parker
Part I: Varieties of Psychology and Critique
Part 1a: The Mainstream

2. Quantitative Methods: Science Means and Ends  Lisa Cosgrove, Emily E. Wheeler and Elena Kosterina 
3. Cognitive Psychology: From the Bourgeois Individual to Class Struggle  Michael Arfken 
4. Behaviourisms: Radical Behaviourism and Critical Inquiry  Maria R. Ruiz 
5. Emotion: Being Moved Beyond the Mainstream  Paul Stenner
6. Biological and Evolutionary Psychologies: The Limits of Critical Psychology  John Cromby 
7. Personality: Technology, Commodity and Pathology  China Mills
8. Developmental Psychology: The Turn to Deconstruction  Erica Burman 
9. Social Psychology: A Commentary on Organizational Research  Parisa Dashtipour
10. Abnormal Psychology: A Psychology of Disorders  Susana Seidmann and Jorgelina Di Iorio 
11. Forensic Psychology: Clinical and Critical  Sam Warner
Part Ib: Radical Attempts To Question the Mainstream 
12. Qualitative Methods: Critical Practices and Prospects from a Diverse Field  Brendan Gough 
13. Theoretical Psychology: A Critical-Philosophical Outline of Core Issues  Thomas Teo 
14. Humanistic Psychology: A Critical Counter Culture  Keith Tudor 
15. Political Psychology: Critical Approaches to Power  Maritza Montero 
16. Community Psychology: Subjectivity, Power, Collectivity  David Fryer and Rachael Fox 
17. Organizational Psychology and Social Issues: The Place of the Place  Mary Jane Paris Spink and Peter Kevin Spink 
18. Counselling Psychology: Critical Achievements, Possibilities and Limitations  Richard House and Colin Feltham 
19. Health Psychology: Towards Critical Psychologies for Well-Being and Social Justice  Yasuhiro Igarashi 
20. Black Psychology: Resistance, Reclamation and Redefinition  Garth Stevens 
21. Psychology of Women: Questions of Politics and Practice  Rose Capdevila and Lisa Lazard 
22. From ‘Lesbian And Gay Psychology’ To A Critical Psychology Of Sexualities  Pam Alldred and Nick Fox 
Part Ic: Adjacent Parts of Psy-Complex
 
23. Alienists and Alienation: Critical Psychiatry In Search Of Itself  Janice Haaken 
24. Psychotherapists: Agents of Change or Maintenance Men?  Ole Jacob Madsen 
25. Education, Psychology: Change At Last?  Tom Billington and Tony Williams 
26. Social Work: Oppression and Resistance  Suryia Nayak 
27. Self-Help: And Pop Psychology   Jan De Vos 

Part II: Varieties of Critical Psychology
28. Activity Theory: Theory and Practice  Manolis Dafermos 
29. Marxist Psychology and Dialectical Method  Mohamed Elhammoumi 
30. Kritische Psychologie: Psychology from the Standpoint of the Subject  Johanna Motzkau and Ernst Schraube 
31. Does Psychoanalysis Have Anything To Say To Critical Psychology?  Kareen Ror Malone with Emaline Friedman 
32. Deconstruction: The Foundations of Critical Psychology  Andrew Clark and Alexa Hepburn 
33. Deleuzian Perspectives: Schizoanalysis and the Politics of Desire  Hans Skott-Myhre 
34. Discursive Psychology: Key Tenets, Some Splits and Two Examples  Margaret Wetherell

Part III: Standpoints And Perspectives On Psychology And Critical Psychology
Part IIIa: Perspectives
 
35. Feminist Psychology: Researches, Interventions, Challenges  Amana Mattos 
36. Queer Theory: Disarticulating Critical Psychology  Miguel Rosell Pealoza and Teresa Cabruja Ubach 
37. Liberation Psychology: Another Kind Of Critical Psychology  Mark Burton and Luis Gmez 
38. Indigenous Psychologies and Critical-Emancipatory Psychology  Narcisa Paredes-Canilao, Ma. Ana Babaran-Diaz, Ma. Nancy B. Florendo and Tala Salinas-Ramos with S. Lily Mendoza
39. Postcolonial Theory: Towards A Worlding of Critical Psychology  Desmond Painter 
40. From Critical Disability Studies To Critical Global Disability Studies  Shaun Grech 
41. A Politically Informed Immanent Spirituality for Critical Psychology  Kathleen S. G. Skott-Myhre 
Part IIIb: Places
 
42. Critical Psychology in Africa: The Impossible Task  Ingrid Palmary and Brendon Barnes 
43. Political Psychology and the American Continent: From Colonization and Domination to Liberation and Emancipation  Raquel S. L. Guzzo 
44. Critical Psychology in the Arab World: Insights from Critical Community Psychology in the Palestinian Colonial Context  Ibrahim Makkawi
45. ‘Critical Psychology in Asia’: Four Fundamental Concepts  Anup Dhar
46. European Critical Psychological Trends: An Open Road to Psychological Recidivism  Angel J. Gordo Lopez and Roberto Rodrguez Lpez 
47. South Pacific: Tensions of Space in Our Place  Leigh Coombes and Mandy Morgan

   Large Image 

引用文献
Murray, M. and Chamberlain, K. (2014) ‘Health psychology’, in T. Teo (ed.) Encyclopedia of Critical Psychology. New York: Springer.

2015年5月 6日 (水)

心理学の倫理を考える: Journal of Theoretical and Philosophical Psychology 誌特集号

 アメリカ心理学会 第24部会(理論・哲学心理学会)の公式ジャーナル Journal of Theoretical and Philosophical Psychology の特集号「心理学の倫理:歴史的,哲学的基礎」が刊行されました.

 研究や心理臨床や教育や社会的実践など,心理学者が専門家として行う諸実践が倫理的に正しいものかどうか,という問いは批判心理学の重要な関心事です.

 9.11後の対テロ戦争において,ブッシュ政権が策定し実施したテロ容疑者に対する「強制的尋問」に心理学者が加担して「心理学的拷問」が行われてきた事実は,人権の尊重を基本理念として共有するアメリカ社会に衝撃を与えました.
 また19世紀末に現代心理学が歩みを始めて以来,一部の心理学の理論や研究や検査や諸実践が社会的弱者やマイノリティの立場におかれた人を,「正常な標準」から逸脱した「劣った存在」として位置づける「認識論的暴力」として作動してきたことなど,主流心理学が陥りやすい倫理的過誤(罪過)から目を背けることはできません.
 個々の心理学者が自覚しているか否かに係らず,これらの例から心理学が幅広い倫理的問題と係っていることがうかがわれます.


 この特集に掲載された4論文と3つのコメント論文はアメリカ心理学会とカナダ心理学会が定めた倫理コードを具体例として,心理学の倫理を理論的,哲学的,歴史的,社会的,実践的な諸側面から論じています.
 北米における今日の最先端の研究を知るうえで,他にない優れた一冊です.

 下記のサイトで,それぞれの論文のアブストラクトを読むことができます.
  http://www.apa.org/pubs/journals/special/5873505.aspx

 特集号の書誌情報と目次をお示しします.
  Journal of Theoretical and Philosophical Psychology
, Special Issue: Ethics in Psychology: Historical and Philosophical Grounding. Guest Editor: Richard T. G. Walsh, 2015, Volume 35, Issue 2 (May).


1.Introduction
Introduction to Ethics in Psychology: Historical and Philosophical Grounding
Pages 69–77
Walsh, Richard T. G.

2.Special Issue Articles
Are Psychological "Ethics Codes" Morally Oblique?
Pages 78–89
Teo, Thomas

Bending the Arc of North American Psychologists' Moral Universe Toward Communicative Ethics and Social Justice
Pages 90–102
Walsh, Richard T. G.

Neoliberalism and Psychological Ethics
Pages 103–116
Sugarman, Jeff

The Historical Boundedness of Psychological Knowledge and the Ethics of Shared Understandings
Pages 117–127
Stam, Henderikus J.

3.Commentaries
An Ethics of Engagement
Pages 128–131
Smythe, William E.

Personal Political Commentary on a Range of Visible and Invisible Ethical Challenges
Pages 132–134
Pullin, Wendy M.

Social Justice, Psychology, and Outdated Epistemologies: Commentary on Sugarman, Stam, Teo, and Walsh
Pages 135–139
O'Doherty, Kieran C.




 

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »