« シンポジウム 対テロ戦争における「心理学的拷問」を考える:ホフマン報告の後の心理学 | トップページ | CIAによるテロ容疑者への「過酷尋問」を担った心理学者の回想録:『強化尋問:アメリカを破壊しようとするイスラムテロリストの心理と動機』 »

2017年2月 7日 (火)

トランプ米大統領がCIA副長官に過酷尋問の責任者を指名しました

 トランプ米大統領が就任後の最初のテレビインタビューで,テロ対策では水責めを含む拷問が有効だ,と述べたニュースが話題になりました.
 新聞やテレビなどで,このニュースに触れた方も多いことでしょう.

 その後,マティス国防長官が拷問の有効性を否定した,と報道されました.
 大統領もテロ対策は国防長官に任せていると述べ,「過酷尋問」が再び行われることはない,という見方が大勢を占めているようです.

 先週,トランプ大統領がCIAのナンバー2である副長官にG.W.ブッシュ政権の時代に過酷尋問を主導したジナ・ハスペル(Gina Haspel)氏を指名した,とアメリカの各種メデイアが報道しました.
 日本のマスコミではまだ,取り上げられていないようです.

 ニューヨクタイムズの記事です(2月2日).
 新任のCIA副長官,ジナ・ハスペルは拷問を主導していた(New C.I.A. Deputy Director, Gina Haspel, Had Leading Role in Torture)

(https://www.nytimes.com/2017/02/02/us/politics/cia-deputy-director-gina-haspel-torture-thailand.html?_r=0)

 独立系ニュースメディア,インターセプトによる報道です(2月3日.『暴露:スノーデンが私に託したファイル』の著者,グレン・グリーンウォルドの記事です.).
 新しいCIA副長官は拷問の舞台になった秘密拘禁施設を運営していた(The CIA’s New Deputy Director Ran a Black Site for Torture)

(https://theintercept.com/2017/02/02/trumps-cia-chief-selects-major-torture-operative-to-be-agencys-deputy-director/)

 ハスペル氏は9.11同時多発テロの後にCIAがタイに設営した秘密拘禁施設の責任者で,テロ容疑を掛けられた人に過酷尋問を実施するプログラムにおいて中心的な役割を担ったそうです.

 法執行機関ではないCIAはテロ容疑者を収容する施設をもたなかったため,9.11後にアジアやアフリカ,ヨーロッパの各地に新たに設営されました.拷問を禁止しているアメリカの国内法の適用を免れるために米国外に秘密裡に設置された「ブラック・サイト」です.
 同氏はテロ容疑者を米国外のブラック・サイトに移送して,アメリカ国内法が適用されない条件の下で過酷な尋問が行われた「超法規的移送」プログラムの責任者でした.

 以前,当ブログでドキュメンタリー映画「強いられた沈黙」を取り上げました.
 この映画に2002年,パキスタンでアルカイダ幹部を捕捉する作戦を指揮していたCIA作戦課員のジョン・キリアコウ氏が,銃撃戦で重傷を負ったアブ・ズベイダ容疑者をCIAの専用ジェット機でパキスタンから移送するシーンが出てきます.
 キリアコウ氏は自分の手を離れて同容疑者がどこに移送されたか,知らされなかったそうです.機密情報を秘匿するためでしょう.
 その後,調査報道によって同容疑者がタイの秘密拘禁施設に送られ,CIAが雇用した2名の軍事心理学者によって,初めて「強化尋問技法」を用いて過酷尋問を受けたことが明らかになりました.
 ハスペル氏がこの作戦でも「活躍」したのでしょう.

 以前,当ブログに記載された記事です.
 強化尋問技法:「強いられた沈黙」(NHK BS世界のドキュメンタリー)

 (http://critical-psychology.cocolog-nifty.com/blog/2015/12/bs-7dea.html)


 「強いられた沈黙」は社会派ドキュメンタリーで知られるジェームズ・スピオーネ監督の作品です.
 原題:Silenced
 監督:James Spione
 制作:Morninglight Films/NakedEdge Films(アメリカ,2014)  
 【トールグラス映画祭 ゴールデンストランド賞】
 【トラバースシティ映画祭 特別賞】


 またハスペル氏は,
CIAによる過酷尋問が人道に反する拷問ではないかと批判が高まると,テロ容疑者の尋問を記録したビデオテープを破壊した,と報道されています.
 尋問の模様を撮影したビデオテープが真相を解明する資料になるはずでしたが,失われました.連邦議会や司法当局が証拠を隠滅し捜査を妨害する行為だ,と非難しました.

 もし,このビデオテープが連邦議員や報道関係者の目に触れていれば当時の政権は大きなダメージを受けただろう,と言われています.

 同氏がCIAの秘密作戦の責任者だったため,今まで同氏の名が公けに報道されることはありませんでした.
 新しい副長官に導かれてCIAは再び,変わるのでしょうか? 



 

« シンポジウム 対テロ戦争における「心理学的拷問」を考える:ホフマン報告の後の心理学 | トップページ | CIAによるテロ容疑者への「過酷尋問」を担った心理学者の回想録:『強化尋問:アメリカを破壊しようとするイスラムテロリストの心理と動機』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トランプ米大統領がCIA副長官に過酷尋問の責任者を指名しました:

« シンポジウム 対テロ戦争における「心理学的拷問」を考える:ホフマン報告の後の心理学 | トップページ | CIAによるテロ容疑者への「過酷尋問」を担った心理学者の回想録:『強化尋問:アメリカを破壊しようとするイスラムテロリストの心理と動機』 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ