« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月24日 (木)

「国際批判ポジティブ心理学ハンドブック」のおもしろさ:批判的なポジティブ心理学とは?

 このところ,本を紹介する記事が続いていますが,批判心理学のハンドブックをもう一冊,取り上げます.

 「国際批判的ジティブ心理学ハンドブック」(ブラウン,ロマ,エロア‐オロサ編,ラウトレジ,2018)
 The Routledge International Handbook of Critical Positive Psychology (Nicholas J. L. Brown, Tim Lomas, and Francisco Jose Eiroa-Orosa (Eds.),
2018, Routledge)

  ゼロ年代以降に日本でも,ポジティブ心理学に注目が集まっています.
 ビジネスや学校教育などの領域で,個人のパフォーマンスを向上させる心理学の知識やスキルのひとつとして受け入れられつつあります.

 仕事や勉強で私たちがより良い成績をあげられるなら,望ましいことでしょう.
 心理学の応用はこうした実用的な目的のために,大学の中で制度的学問として心理学が登場した19世紀後半以来,様々な社会セクターで行われてきました.
(知能など個人の能力や性質の研究は,制度的心理学の発展を待たずに独自の発展を遂げました.)

 ポジティブ心理学はポジティブにものごとを考える人は仕事や勉強や人間関係もポジティブに進む,という分かりやすい枠組みを与えてくれます.
 こうしたことから今日の日本社会でも普及し始めました.おそらく今後,この心理学の理論と応用がいっそう広まると予想されます.

 ポジティブ心理学と「批判」という言葉を取り合わせた同書のタイトルは,一見すると矛盾したものようにもみえます.
 しかし,科学の装いを活用した特定のイデオロギーの自然化,メリトクラシーとの親和性,過度の個人主義など,批判心理学者が取り組んできた主題がその中に見出だされます.
 

 ポジティブ心理学は個人の心のあり方(認知)によって,その人の仕事や勉学など日常生活のパフォーマンスがより効率的なよいものに変わる,という考えを理論の基礎に含みます.
 そのため,産業・ビジネスや教育,組織論など人を対象とする様々な社会セクターで歓迎されます.
 対象者の心的な能力や業績をマネージメントするツールとして,すぐに活用できるからです.

 管理者や経営者など「統治」する側ではなく,対象者の心がその人が行う活動(仕事や勉強など)の成否を決める鍵になると考えられています.望ましい成果を得られなかった場合,管理者の責任は問われず,対象者にそれが帰属される傾向が認められます.
 人はポジティブな認知スタイルやレジリエンスを自ら備えるよう求められ,学校教育でもそのための介入が取り入れられようとしています.


 しかし上記の考え方は,欧米の批判心理学者がしばしば取り上げる「個人化」のありがちな事例です.
 環境や社会ではなく個人の心に焦点が置かれ,もし不都合な問題が生じたら,その人の心を変えることによって問題を解決するという発想が,自明な正しいものとされがちです.

 ある人のパフォーマンスは当人の認知によって変わる,そのためにポジティブな認知の仕方やレジリエンスをもつべきだ,という考え方をあなたはどう思いますか?


 ポジティブ心理学の創始者の一人であるマーティン・セリグマンは,1960年代後半に自ら行った動物実験による学習性絶望の研究から出発し,やがて学習性の希望へ,さらにポジティブ心理学へと研究を発展させました.
 学習心理学の枠組みの中でこれらが理論化され,絶望も希望やレジリエンスも当事者が経験や訓練によって習得できる心的性質のひとつとなりました.
 セリグマンは現在,北米で最も有名な心理学者のひとりです.(存命する心理学者では一般の人々の間で,最もよく知られていると言えるかも知れません.)

 学習性絶望は21世紀に米国が戦う「テロとの戦い」において,テロ容疑者や戦争捕虜に米国の軍事・情報当局が行った「心理学的拷問」の理論モデルになりました.
 ポジティブ心理学が推進するレジリエンス研究から得られた知見は,米軍兵士の心的健康を維持・増進するプログラムに活用されています.
 セリグマンが主宰するペンシルバニア大学ポジティブ心理学研究所は米軍から巨額の研究費を支給されました.

 このようにポジティブ心理学はツッコミどころが多く,これが盛んな国・地域の批判心理学者が関心をもつのは,ある意味では当然です.
 批判的な視点から検討した多くの論考を集めてハンドブックが刊行されるほど,欧米でポジティブ心理学が発展し普及している点も,注目に値します.

 ハンドブックにジーン・マルチェク(第6章「ポジティブ心理学は土着心理学なのだろうか?」)や,トッド・スローン(第25章「解放的実践としての快楽」)など北米の著名な批判心理学者も寄稿しています.


 下に目次をお示しします.
The Routledge International Handbook of Critical Positive Psychology
(Edited by Nicholas J. L. Brown, Tim Lomas, Francisco Jose Eiroa-Orosa)
Foreword: Interiorizing and Interrogating Well-Being  (Isaac Prilleltensky)
Chapter 1 Critical Positive Psychology: A Creative Convergence of Two Disciplines  (Piers Worth and Matthew Smith)

Section 1: Criticism of Positive Psychology
Introduction  (Nicholas J. L. Brown)
Chapter 2  The Unavoidable Role of Values in Positive Psychology: Reflections in Light of Psychology’s Replicability Crisis  (Brent Dean Robbins and Harris L. Friedman)
Chapter 3  Taking a Closer Look at Well-Being as a Scientific Construct: Delineating its Conceptual Nature and Boundaries in Relation to Spirituality and Existential Functioning  (Douglas A. MacDonald)
Chapter 4  The Meaning and Valence of Gratitude in Positive Psychology  (Liz Gulliford and Blaire Morgan)
Chapter 5  Positive Psychology, Mental Health, and the False Promise of the Medical Model  (Sam Thompson)
Chapter 6  Is Positive Psychology an Indigenous Psychology?  (Jeanne Marecek and John Chambers Christopher)
Chapter 7  Community Psychology’s Contributions on Happiness and Well-being: Including the Role of Context, Social Justice, and Values in Our Understanding of the Good Life.  (Salvatore Di Martino, Francisco José Eiroa-Orosa, and Caterina Arcidiacono)
Chapter 8  Positive Psychology: Intellectual, Scientific, or Ideological Movement?  (Bernardo Moreno-Jiménez and Aldo Aguirre-Camacho)
Chapter 9  Is Positive Psychology Compatible With Freedom?  (Digby Tantam)
Chapter 10  Critique of Positive Psychology and Positive Interventions  (Paul T. P. Wong and Sandip Roy)
Chapter 11  Toward a Well-Spoken Explanatory Style  (Paul Kalkin)
Chapter 12  An Introduction to Criticality for Students of Positive Psychology  (Nicholas J. L. Brown)
Interlude 1
Chapter 13  Five Historic Philosophers Discuss Human Flourishing and Happiness in Positive Psychology: A Speculative Dialogue in Three Acts  (Liz Gulliford and Kristján Kristjánsson)

Section 2: Doing Positive Psychology Critically
Introduction  (Tim Lomas)
Chapter 14  A Re-appraisal of Boredom: A Case Study in Second Wave Positive Psychology  (Tim Lomas)
Chapter 15  Affirming the Positive in Anomalous Experiences: A Challenge to Dominant Accounts of Reality, Life, and Death  (Edith Steffen, David J. Wilde, and Callum E. Cooper)
Chapter 16  Uncovering the Good in Positive Psychology: Toward a Worldview Conception That Can Help Positive Psychology Flourish  (Peter C. Hill and M. Elizabeth Lewis Hall)
Chapter 17  Toward a Culturally Competent Positive Psychology  (Adil Qureshi and Stella Evangelidou)
Chapter 18  Cultural and Racial Perspectives on Positive Psychologies of Humility  (David R. Paine, Sarah H. Moon, Daniel J. Hauge, and Steven J. Sandage)
Chapter 19  Positive Psychology’s Religious Imperative  (Daniel K. Brown and David G. George)
Chapter 20  @@@@Character Strengths as Critique: The Power of Positive Psychology to Humanise the Workplace  (Roger Bretherton and Ryan M. Niemiec)
Chapter 21  Toward an Integrative Applied Positive Psychology  (Byron Lee)
Chapter 22  Positive Politics: Left-wing Versus Right-wing Policies, and Their Impact on the Determinants of Wellbeing  (Tim Lomas)
Chapter 23  A Proposed Enquiry Into the Effect of Sociocultural Changes on Well-Being  (Francisco Jose Eiroa-Orosa)
Chapter 24  Complexity: Towards a New Measure of Societal Well-being  (Daniel T. Gruner and Mihaly Csikszentmihalyi)
Interlude 2
Chapter 25  Pleasure as a Form of Liberatory Practice  (Tod Sloan and Marisol Garcia)

Section 3: Applied Perspectives
Introduction  (Francisco Jose Eiroa-Orosa)
Chapter 26  Community Social Psychology and Positive Psychology: Learning From the Experience of @@@@Latin America  (Ramón Soto Martínez and Salvatore Di Martino)
Chapter 27  Positive, Necessary, and Possible Lives: Experience and Practice from the Struggle for a Dignified Life  (José Eduardo Viera and Lauren Languido)
Chapter 28  Exploring the Role of Engagement on Well-Being and Personal Development: A Review of Adolescent and Mental Health Activism  (Anne C. Montague and Francisco Jose Eiroa-Orosa)
Chapter 29  Citizenship, Mental Health, and Positive Psychology  (Jean-François Pelletier, Chyrell Bellamy, Maria O’Connell, Michaella Baker, and Michael Rowe)Chapter 30  The Brutality of Reality  (Chris Beales)
Chapter 31  Philotimo: Vices and Virtues of a Moral Archetype  (Manos Rhodes Hatzimalonas)
Chapter 32  Evaluating Positive Education: A Framework and Case Study  (Dianne A. Vella-Brodrick, Nikki S. Rickard, and Tan-Chyuan Chin)
Chapter 33  Shaping Positive Education Research to Influence Public Policy  (Charlie Simson, Lauren Rosewarne, and Lea Waters)
Chapter 34  Positive Psychology at a City Scale  (Mike Zeidler, Liz Zeidler, and Byron Lee)
Chapter 35  Judging the Efficacy and Ethics of Positive Psychology for Government Policymaking  (Mark D. White)
Chapter 36  Feel Good or Be Happy. Distinctions Between Emotions and Development in the Environmental Psychology Research of Wellbeing  (Pablo Olivos and Ricardo Ernst)

The Routledge International Handbook of Critical Positive Psychology (Hardback) book cover

2018年5月18日 (金)

「批判社会心理学ハンドブック」(ゴフ編,2017,パルグレーブ社)

 批判心理学に関心をおもちの方,これから批判心理学を学ぼうという方におすすめの本です.

 ブレンダン・ゴフ編 「批判社会心理学ハンドブック」(パルグレーブ社編,2017)
(Brendan Gough(Ed). 2017. The Palgrave Handbook of Critical Social Psychology. 2017)

 パルグレーブ社のハンドブックシリーズの一冊として刊行されました.
 平易な説明で読みやすく,1章ごとにコンパクトにまとめられています.

 私は批判心理学や理論心理学を専門としているのですが,社会心理学の領域で他の研究者がこれらをどのように考えているかが分かります.
 読んでいて楽しく,新しい知識を得られ,知的喜びを感じられます.

 社会心理学の基礎を学んだ後,批判心理学を知ろうとする方はこの本から始められるのもよいでしょう.


 下に目次をお示しします.

目次

PART I. Introduction
Chapter 1. Critical Social Psychologies: Mapping the Terrain; Brendan Gough

PART II. Critical Perspectives
Chapter 2. Feminisms, Psychologies, and the Study of Social Life; Eva Magnusson & Jean Marecek.
Chapter 3. Marxism as a Foundation for Critical Social Psychology; Michael Arfken
Chapter 4. Social Constructionism; Viv Burr & Penny Dick.
Chapter 5. The Radical Implications of Psychoanalysis for a Critical Social Psychology; Tom Goodwin.
Chapter 6. Queer Theory; Damien Riggs & Gareth Treharne.
Chapter 7. Critical Race Studies in Psychology; Phia S. Salter & Andrea D. Haugen.
Chapter 8. Psychology of Liberation Revised (A Critique of Critique); Maritza Montero.

PART III. Critical Methodologies
Chapter 9. Phenomenology; Darren Langdridge.
Chapter 10. Narrative Social Psychology; Michael Murray.
Chapter 11. Discourse Analysis; Martha Augoustinos
Chapter 12. Psychosocial Research; Stephanie Taylor
Chapter 13. Innovations in Qualitative Methods; Virginia Braun, Victoria Clarke & Debra Gray

PART IV. Rethinking Social Cognition
Chapter 14. Attitudes and Attributions; Andy MacKinlay & Chris McVittie.
Chapter 15. Social Influence; Stephen Gibson & Cordet Smart.
Chapter 16. Prejudice; Keith Tuffin
Chapter 17. Prosocial Behaviour; Irene Bruna Seu
Chapter 18. Relationships: From Social Cognition to Critical Social; Simon Watts.

PART V. Social Identities/Relations/Conflicts.
Chapter 19. The Self; Chris McVittie & Andy MacKinlay.
Chapter 20. Gender; Sarah Riley & Adrienne Evans.
Chapter 21. Sexual Identities and Practices; Majella McFadden.
Chapter 22. Critical Approaches to Race; Simon Goodman
Chapter 23. Towards a Critical Social Psychology of Social Class; Katy Day, Bridgette Rickett & Maxine Woolhouse.
Chapter 24. Critical Disability Studies; Dan Goodley, Rebecca Lawthom, Kirsty Liddiard & Katherine Runswick-Cole.
Chapter 25. Intersectionality: An Underused but Essential Theoretical Framework for Social Psychology; Lisa Bowleg.

PART VI. Critical Applications.
Chapter 26. Critical Health Psychology; Antonia C. Lyons & Kerry Chamberlain.
Chapter 27. Critical Clinical Psychology; Steven Coles & Aisling Mannion.
Chapter 28. Educational Psychology in (times of) Crisis: Psycho-Politics and the Goovernance of Poverty; China Mills.
Chapter 29. Critical Organisational Psychology; Matthew McDonald & David Bubna-Litic.
Chapter 30. Environment: Critical Social Psychology in the Anthropocene; Matthew Adams.

2018年5月16日 (水)

「批判心理学を教育する:国際的視点」(ニューンズ&ゴールディング編,2017,ラウトレッジ)

 ゼロ年代以降,世界の心理学の新動向を見わたしていた心理学者の間で,批判心理学の発展が注目を集めるようになりました.
 北側諸国でも南側諸国でも,専門領域の垣根を越えて「批判心理学(critical psychology)」の名のもとで研究や心理臨床や社会的実践や教育に取り組む心理学者が登場しました.
 多くの国・地域の研究者が集う国際的なネットワークが築かれたことが知られると,心理学界に新たな潮流が生まれたという認識が広がりました.

 批判心理学は各々の心理学者の研究関心や専門領域,方法論の差異に応じて実際には多様なかたちで実践されています.
 しかし,研究主題や方法の多様性にもかかわらず現在,心理学が直面している課題に取り組み,心理学の内部から改革しようと試みる姿勢を批判心理学者は共有しています.

 研究であれ,心理臨床であれ社会的活動であれ,変革するには自分が行っている批判心理学的実践を次世代に伝える教育が重要です.

 イギリスの批判心理学者が中心になり批判心理学の教育を考察した論集が刊行されました.

 ニューンズ ,ゴールディング編 「批判心理学を教育する:国際的視点」 ラウトレッジ 2017 (Craig Newnes & Laura Golding (Eds.), 2017. Teaching Critical Psychology: International Perspective. Routledge)

 私は心理学概論や心理学史,心理学の哲学などの授業で批判心理学の立場から心理学教育に取り組んでいます.
 他の国・地域の批判心理学者が心理学教育をどのように考えているか,この本から知ることができて
参考になります. 

 批判心理学と心理学教育を主題とする良い本です.
 しかし,私が知る範囲ではなぜか,その存在があまり知られていないようです.
 昨年の夏,イギリスで開かれた学会に参加した時に,たまたまこの本の編者の一人に紹介され,同書を知りました.

 批判心理学に関心をおもちの方にお薦めします.
 特に第2章「批判的教育のための10の提案」(ジョン・クロンビー著)が,批判心理学の教育へのイントロダクションとして役立ちます.


 下に目次をお示しします.

Preface: On critical pedagogy  (Peter McLaren)

Chapter One: Teaching psychology critically  (David Fryer & Rachael Fox)

Chapter Two: Ten suggestions for critical teaching  (John Cromby)

Chapter Three: Towards coherence in teaching critical Psy  (Craig Newnes)

Chapter Four: Teaching disability, teaching critical disability studies  (Dan Goodley, Katherine Runswick-Cole and Michael Miller)

Chapter Five: Fear and loathing in the education system  (Robbie Piper)

Chapter Six: What can teachers of critical and community psychology learn from their learners?  (Olivia Fakoussa, Gemma Budge, Mandeep Singh Kallu, Annie Mitchell and Rachel Purtell)

Chapter Seven: Teaching indigenous psychology: A conscientisation, de-colonisation, and psychological literacy approach to curriculum  (Pat Dudgeon, Dawn Darlaston-Jones, & Abigail Bray)

Chapter Eight: Psy and the law: The Law Project for Psychiatric Rights' public education approach  (Jim Gottstein)

Chapter Nine: Teaching withdrawal of antipsychotics and antidepressants to professionals and recipients  (Peter Lehmann)

Chapter Ten: Human rights and critical psychology  (Beth Greenhill & Laura Golding)

Chapter Eleven: Children’s experiences of domestic violence: A teaching and training challenge  (Jane Callaghan, Lisa Fellin & Joanne Alexander)

Chapter Twelve: Supervision: A principles based approach  (Sara Tai)

2018年5月 7日 (月)

5月26日の批判心理学セッション:平和心理学と平和教育,心理学教育,弁証法的心理学,ディスコース分析

 5月26日(土)に開かれる批判心理学セッションのプログラムが決まりました.

 5回目のセッションでは,対テロ戦争と心理学の関係を例示する批判心理学の立場からの心理学教育,平和心理学と平和教育,クラウス・リーゲルの弁証法的心理学,原子力発電所事故のディスコース分析などを主題とする話題提供が予定されています.

 話題提供も討論も,形式にとらわれず自由に,かつ前向きな姿勢で行われます.

 批判心理学に関心をお持ちの方は,どなたでも参加できます.
 参加費は無料です.
 


批判心理学セッション5
日時:5月26日(土),午後2時から
会場:静岡大学東京事務所.同事務所は東京工業大学キャンパス・イノベーションセンター内,6階612号室(エレベータを出て左側正面)
話題提供1:いとう たけひこ(和光大学) 「一般心理学講義における批判心理学の位置づけ:和光大学での五十嵐靖博さん特別授業を手がかりに」
話題提供2:百合草 禎二(主体科学としての心理学研究所) 「心理学における弁証法の適用:矛盾を手がかりに」
話題提供3:杉田 明宏(大東文化大学) 「平和心理学から見る平和教育の課題」
話題提供4:五十嵐 靖博(山野美容芸術短期大学) 「原子力発電所事故のディスコース分析(3):復興大臣の記者会見をめぐって」
主催:(公社)日本心理学会 批判心理学研究会
参加費:無料
アクセス:JR山手線・京浜東北線,田町駅下車.芝浦口徒歩1分(http://www.cictokyo.jp/access.html)
所在地 : 〒108-0023 東京都港区芝浦3-3-6.※当日,建物玄関ロビー等に開催掲示はありません.6階612号室までお越し下さい.



« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ