« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月28日 (水)

批判心理学セッションが,12月23日に開かれます

 12月23日に批判心理学セッションが開かれます.
 批判心理学について幅広い主題を自由に討議するこのセッションも,8回目を迎えました.

 今回も他では聴く機会の少ない,しかし重要なテーマが取り上げられます.発表とディスカッションのために十分な時間があてられます.

 批判心理学に関心をお持ちの方は,気軽にお運びください.
 参加費は無料です.



批判心理学セッション8

日時:12月23日(日),午後2時から

会場:静岡大学東京事務所.同事務所は東京工業大学キャンパス・イノベーションセンター内,6階612号室(エレベータを出て左側正面)

話題提供1:増田 匡裕(和歌山県立医科大学) 「コミュニケーション学でもらった“玉手箱”を心理学の“浜辺”で開けてみると(その2):“e”が2つの「ケリー」よりも1つの「ケリー」が「認知的アプローチ」で「構成主義」の基盤と呼ばれる彼岸」

話題提供2:小田 友理恵(法政大学大学院)・吉田 光成(専修大学大学院)・新川 拓哉(Intsitut Jean Nicod)「自然科学は人間観にどのような影響を及ぼしているのか」

話題提供3:五十嵐 靖博(山野美容芸術短期大学) 「原子力発電所事故にかかわる諸問題を考える:批判心理学,理論心理学とディスコース分析の立場から」

主催:(公社)日本心理学会 批判心理学研究会

参加費:無料

アクセス:JR山手線・京浜東北線,田町駅下車.芝浦口徒歩1分(http://www.cictokyo.jp/access.html)
所在地 : 〒108-0023 東京都港区芝浦3-3-6.

※当日,建物玄関ロビー等に開催掲示はありません.6階の612号室までお越し下さい.



2018年11月17日 (土)

来年,批判心理学の実践に関する国際会議がアメリカで開かれます.

 2019年に批判心理学の実践を主題とする国際会議がアメリカで開かれる,との知らせを今日,批判心理学の国際的ネットワークを通して受けました.


 批判心理学の実践に関する国際会議2019(The 2019 International Critical Psychology Praxis Congress)
日時:2019年,9月27-28日
会場:ノーザン・ニューメキシコ大学(エスパノラ市,ニューメキシコ州,USA)
発表申し込みの締切り:2019年5月1日


 批判心理学の主題や目的や研究方法論は多様です.
 この国際会議は批判心理学の「実践」に焦点を当て,「グローバル・サウス」などの格差を主要なテーマとして掲げています.
 格差は南北間でも,経済的に豊かな北側諸国の内部でも,新自由主義経済の下で深刻な問題になりました.
 日本社会も同じ課題を抱えています.

 批判心理学的実践(理論や方法論の探究,心理臨床実践,社会的実践,教育など)によって今日,世界各地で生活者が直面している問題を解決する道を探究することが,国際会議の目的です.

 発表を希望される方は次の12のカテゴリーから,自分の研究にふさわしいカテゴリーを選び,発表のアブストラクトを添えて応募することになります.

1. 批判心理学の理論的リソース
a) マルクス主義 / アナーキズム / 批判理論
b) 精神分析
c) フェミニズム
d) ポスト構造主義 / 思弁的実在論(Speculative realism)
e) ポストコロニアリズム / 脱植民地性(Decoloniality)
f) 批判的人種哲学

2. 批判心理学の適用の実際
a) 臨床実践
b) アクティビスム / 法
c) ラディカル・リサーチ
d) 教育 / 対話
e) エコロジー / スピリチュアリティ
f) 倫理 /美学 / 政治


 批判心理学の実践に関する国際会議の詳細については,下記のサイトをご覧ください.

  https://sites.google.com/view/criticalpsychology/2019-icppc



« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ