« ソーンダイク会館の名称変更:差別思想を理由としたコロンビア大学ティーチャーズカレッジの決断 | トップページ | アクロン大学心理学史センターがアシスタント・ディレクターを公募しています. »

2020年8月14日 (金)

批判心理学ジャーナルの創刊号

  批判心理学の新ジャーナル,「アライ(Awry):批判心理学ジャーナル(Awry: Journal of Critical Psychology )」の第1号が刊行されました.
 アライ(Awry)は聞きなれない言葉ですが,「斜めに」といった意味の英単語です.ジジェクの著書「斜めから見る:大衆文化を通してラカン理論へ (Looking Awry: An introduction to Jacques Lacan through popular culture」(1991)から想を得て,新ジャーナルのタイトルがつけられました.
 論文の投稿にも,論文を読むのにも費用はかかりません.論文はインターネットで公開されています.本当の意味でオープンアクセス・ジャーナルだと言えます(https://awryjcp.com/index.php/awry).

 新雑誌の発刊は世界の批判心理学者の間で,話題になっています.
 批判心理学に関心をお持ちの方におすすめです.


 創刊号に収録された論文は下記のとおりです.

1.Michael Arfken:Critical Psychology in an Age of Uncertainty

2.Ian Parker:Psychology Through Critical Auto-Ethnography: Instituting Education

3.Meghan George, Susannah Mulvale, Tal Davidson, Jacy Young, Alexandra Rutherford:Disrupting Androcentrism in Social Psychology Textbooks : A Call for Critical Reflexivity

4.David Fryer, Charles Marley, Rose Stambe:The Reproduction of Compliant Labour Power Through (Re)Constitution of the Child and Adult Subject: Critical Knowledge-Work

5.Peiwei Li, Tyler Banks:Understanding and Theorizing the Pursuit of Intersubjective Recognition

6.Nia Phillips:The Influence of Critical Consciousness-Based Education on Identity Content and Perceptions of Sexism

7.Antonio Euzébios Filho, Raquel Souza Lobo Guzzo:What Do Young Brazilian Students Think About Socialism? Class-Consciousness Past, Present and Future
Reviews

8.Emese Ilyes:Psychology Through Critical Auto-Ethnography: Academic Discipline, Professional Practice and Reflexive History by Ian Parker

AWRY Journal of Critical Psychology


« ソーンダイク会館の名称変更:差別思想を理由としたコロンビア大学ティーチャーズカレッジの決断 | トップページ | アクロン大学心理学史センターがアシスタント・ディレクターを公募しています. »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ソーンダイク会館の名称変更:差別思想を理由としたコロンビア大学ティーチャーズカレッジの決断 | トップページ | アクロン大学心理学史センターがアシスタント・ディレクターを公募しています. »