« 2020年10月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月

2020年12月27日 (日)

次回の批判心理学セッションは3月14日,オンライン開催です.

 昨日,15回目の批判心理学セッションが開かれました.
 初めてのオンライン開催でしたが,5時間にわたって刺激的な話題提供と活発な討議が行われました.西日本や北米など,遠方からの参加者もあり,インターネットを介した研究集会に新たな可能性を感じました.
 ご参加いただいた皆さん,お疲れ様でした.

 次回の批判心理学セッションは来年,3月14日(日曜)の午後2時からオンラインで開催されます.
 発表を希望される方は,当ブログ開設者にご連絡ください.

 下記は昨日のセッションのプログラムです.

批判心理学セッション15
日時:12月26日,午後2時から
開催形式:Zoomによるオンライン開催
発表者と発表タイトル:
 1.柘植 道子(一橋大学)「日本におけるセクシュアル・マイノリティと心理学:可視化され不可視化されるマイノリティ」
 2.増田 匡裕(和歌山県立医科大学)「パーソナル・コンストラクト・セオリーから見た共同主観性としての類似性仮説」
 3.五十嵐 靖博(山野美容芸術短期大学)「新型コロナウィルス問題の批判心理学:メタ学問的批判心理学の立場から」
参加費:無料
主催:日本心理学会 批判心理学研究会

 

 

2020年12月12日 (土)

心理学教育に文化的多様性やインターセクショナリティの視点を取り入れるには

 一般に大学などで行われている心理学教育では,心理学は「心と行動の科学」だと教えられています.
 そこで講じられているのは「人間の普遍的な科学的心理学」であり,文化や社会階層やジェンダーやエスニシティやセクシュアリティなどの差異を越えて,全ての人間の心や行動に適用できる心理学だとする立場です.

 しかし心理学研究や心理臨床実践などに取り組むなかで,個々の人が生きる状況の多様性や上で述べた社会階層やジェンダー,エスニシティ,セクシャリティなどの諸条件が交差する場(インターセクショナリティ)で現実の生を送る個人の経験が捉えられていない,と感じることがしばしばあります.

 近年,アメリカでも心理学教育でこうした問題に取り組む研究者が現れました.
 人種のるつぼやサラダボールといわれるアメリカで,文化的多様性やさまざまなマイノリティの立場からの心理学教育が重要だ,と心理学者が考えるようになるのは自然な流れでしょう.むしろ遅きに失した感があります.

 「主流心理学」を制度的に担うアメリカ心理学会の出版局から刊行された次の一冊は,そうした変化を感じさせる一例です.
 「多文化主義とインターセクショナリティを心理学のカリキュラムに取り入れる;教師のための諸方略(Integrating Multiculturalism and Intersectionality Into the Psychology Curriculum:Strategies for Instructors)」,
Jasmine A. Mena・Kathryn Quina(編),アメリカ心理学会出版局,2019



 下に同書の目次をお示しします.
 私自身は,旧知のカナダの心理学史研究者による批判的心理学史研究を教育に活用した実践を報告した1章「批判的,多声的な心理学史を教育する:多様性の開明」(ケリー・ヴァン‐ジョンソンとアレクサンドラ・ラザフォード)を,大いに楽しみました.

Introduction (Jasmine A. Mena and Kathryn Quina)

I. Multiculturalism and Intersectionality in the Psychology Classroom
・From an Intersectional Perspective: An Overview (Brittney Poindexter and Kathryn Quina)
・Developing a Culturally Competent and Inclusive Curriculum: A Comprehensive Framework for Teaching Multicultural Psychology (Annemarie Vaccaro)
・Racial Microaggressions and Difficult Dialogues in the Classroom (Tammy Vargas Warner)

II. Gender, Ethnic, and Sociocultural Perspectives: Specialized Courses and Content Areas
・Who Is the Woman in the Psychology of Women? Addressing Diversity and Intersectionality
(Beverly J. Goodwin, Camille J. Interligi, Ashley E. Kasardo, Maureen C. McHugh, and Andrea D. Poet)
・Intersectionality in Teaching the Psychology of Men (Christopher Kilmartin)
・Integrating Lesbian, Gay, Bisexual, Transgender, and Queer Issues in the Psychology Curriculum (Jacqueline S. Weinstock)
・Psychology of Asian Americans (Connie S. Chan and Kattalina Berriochoa)
・Teaching Africana Psychology (Lisa Whitten, Halford H. Fairchild, and Harriette W. Richard)
・Teaching Latinx Psychology (Jasmine A. Mena and Melba J. T. Vásquez)
・Weaving American Indian and Alaska Native Topics Into the Psychology Curriculum (Joseph E. Trimble and Gayle Skawen:nio Morse)
・Intersections Among Religion, Culture, Gender, and Mental Health (Kate Miriam Loewenthal)
・Disability as an Intersectional Diversity Variable in the Psychology Curriculum (Julie L. Williams)
・Teaching About Poverty and Social Class: Fostering Class Consciousness  (Heather E. Bullock and Bernice Lott)
・Teaching Cultural and Transnational Psychology: Taking Intersectionality Across the Globe (Lynn H. Collins)
・Nontraditional Students: Multigenerational, Multilocational, and Multicultural (Mary Zahm and Kathryn Quina)

III. Integrating Diversity Into General Psychology Courses
・The Introductory Psychology Course From a More Diverse Human Perspective (Su L. Boatright-Horowitz, Savannah McSheffrey, Marisa E. Marraccini, and Yvette Harps-Logan)
・Teaching Personality and Abnormal Psychology With Inclusivity (Alice W. Cheng, Kathy McCloskey, and Mala L. Matacin
T)
・Teaching Developmental Psychology: Celebrating the Dialectics of Development (Kathleen S. Gorman and Celeste M. Caviness)
・Overcoming Student Defensiveness in Social Psychology Courses: A Collaborative Workshop for Discussing Privilege and Prejudice (Andrea L. Dottolo)
・Multicultural Considerations in the Psychology Research Methods Course (Jasmine A. Mena, Nathan E. Cook, and Kathryn Quina)
・Teaching Biopsychology: Multicultural Findings and Implications (Lisa Weyandt, Danielle R. Oster, Bergljot Gyda Gudmundsdottir, and Meghan Lamarre Rinaldi-Young)
・Teaching Critical, Multivocal Histories of Psychology: Uncovering Diversity  (Kelli Vaughn-Johnson and Alexandra Rutherford)

IV. Including Social Determinants of Health Disparities in Health Psychology  (Colleen A. Redding and Miryam Yusufov)
・Diversity Education in Professional Psychology (Kathleen A. Malloy, Julie L. Williams, LaTrelle D. Jackson, Janeece R. Warfield, and Steven Kniffley)

 Cover of Integrating Multiculturalism and Intersectionality Into the Psychology Curriculum (medium)

 
 



 

2020年12月10日 (木)

批判心理学セッション:オンライン開催のお知らせ

 お待たせしました!
 15回目の批判心理学セッションが12月26日,Zoomを用いてオンラインで開催されます.

 今回のセッションでは,LGBTQ+心理学やパーソナル・コンストラクト理論,新型コロナウィルス問題の批判心理学的考察に関する研究が報告されます.

 今,心理学がかかえている様々な問題に取り組む批判心理学に関心をお持ちの方は,どなたでも参加できます.
 問題の解決を目指して前向きに学び,討議しましょう!
 参加費は無料です.

批判心理学セッション15
日時:12月26日,午後2時から
開催形式:Zoomによるオンライン開催
発表者と発表タイトル:
 1.柘植 道子(一橋大学)「日本におけるセクシュアル・マイノリティと心理学:可視化され不可視化されるマイノリティ」
 2.増田 匡裕(和歌山県立医科大学)「パーソナル・コンストラクト・セオリーから見た共同主観性としての類似性仮説」
 3.五十嵐 靖博(山野美容芸術短期大学)「新型コロナウィルス問題の批判心理学:メタ学問的批判心理学の立場から」
参加費:無料
主催:日本心理学会 批判心理学研究会

 

 


 参加を希望される方は当ブログ開設者にご連絡ください.
 ZoomミーティングのID等をお知らせします.




 

 

« 2020年10月 | トップページ | 2021年1月 »